死神は名前で死ぬ人を探しているかもしれない

イギリスに住むジョン住めるし。
彼が若い頃一人の手相占い師に見てもらったところ45歳の誕生日に死ぬと言われた。
月日が経ちそのことは忘れていたが44歳になった時ふと占い師の言葉を思い出し酒を辞めた。
そしてついに45歳の誕生日彼はその日一切外出はせずじっとしていた。
誕生日を無事に過ごすことができてホッとした2日後の新聞にジョン住めるという人物が45歳で死んだことが報じられていた。
わずか900メートル先に進む人物であった。
その人にとっては占い師の予言は当たっていたのだ。
最後の占い師が殺したんじゃねえの自分の占いを当てるために最後のやつてそうだから死んだ人と死んでない人を関係ないような名前が同じだから死神が間違えたのかも。