食事による代謝アップで痩せる方法

30代も半ばを過ぎてくるとなかなか痩せることが難しくなってくるもので、食事で食べた分だけ太ってしまうような気がします。二の腕やお腹などにつく脂肪の量も多くなって、年をとると体重が増加しているようにも感るものです。35歳を過ぎてから、高い代謝を維持することはとても大事ですが、どういった食事が代謝を高める効果があるでしょう。年齢と共に基礎代謝というのは落ちていきます。年齢を重ねればどうしても食べた分を溜め込みやすくなるものです。ですが、カロリー制限をするだけでは対策として十分ではありません。年齢相応の代謝を維持するためには、食事からビタミン、ミネラル、たんぱく質などの栄養素を補給することが必須になっているためです。代謝を促進するためには、食事内容を工夫して、たんぱく質や、ミネラルをきちんと摂取することです。体作りに欠かせない三大栄養素はたんぱく質、脂質、炭水化物です。個々の栄養素を体内のエネルギー源として使うには、ビタミンB群がなくてはなりません。基礎代謝を高めるためにも、毎日の食事をきちんと摂取し、かつ体重を減らすために、ビタミンB群を補給することが大事です。甘い菓子パンを良く食べたり、ビールを良く飲む人、外食が多い人はビタミンB群が不足しているかもしれません。青魚、レバー、豆類にはビタミンB群が多く含まれていますので、痩せるためにはこれらの食事をすることです。ビタミンB群を含む食事メニューを組むことは、食事で痩せるダイエットをしたいという人にはおすすめです。